News

Press Release

2022/01/12

ギークピクチュアズ、クリエイター発展事業を行うSoziに出資

ギークピクチュアズは、 クリエイターの創作活動を支えるウェブサービスの企画・開発・運営を行う株式会社Soziに対して出資したことをお知らせいたします。

■Soziについて
「インターネット上に生まれる多様なクリエイションが育つ土壌を作る」をミッションに、クリエイターの持続的な活動を支える事業を2017年より展開。好きなクリエイターを直接応援したいという想いから2018年にベータ版を公開した「OFUSE」は、感動や想いをクリエイターに届けられる1文字2円のファンレターサービスとして、クリエイターの活動を後押ししている。
2019年には、創作イラスト投稿アプリ「pib」をリリースし、機械学習を用いた作品レコメンドによってクリエイターと新たなファンが継続的に繋がる場を創出。
2021年には、クリエイターが手間なく簡単に自身のポートフォリオページを無料で作成できる「POTOFU」を公開。また上記のようなウェブサービスの提供に留まらず、作品展覧会やイベントの企画・開催、イラストブック「pib book」の企画・出版など、オフラインおよびオンラインにてクリエイターの活躍を広げる場の創出に取り組んでいる。

■ギークピクチュアズによる出資の背景と目的
ギークピクチュアズは、主力事業のテレビCMやミュージックビデオなど、様々な映像コンテンツの制作だけでなく、近年では、キャラクターIPをはじめとしたコンテンツ事業に特化したクリエイティブユニットGEEK WONDERSや、アニメーション制作部門として株式会社ギークトイズを設立するなど、トータルクリエイティブカンパニーとして、新しい時代のコンテンツを日本から世界へ向けて発信しています。また、NFTプラットフォーム「モザイクネーション」をオープンさせるなど、クリエイターの支援・アート界の活性化も行なっており、「インターネット上に生まれる多様なクリエイションが育つ土壌を作る」というSoziのミッションに共感し、このたび出資することになりました。
当社は、優秀なクリエイターと企業のマッチング、次世代クリエイターの発掘・育成など、クリエイターが活躍しやすい世の中になることを目指しています。クリエイターの活動を後押しし、多様な作品が溢れる世界の実現に向けて事業を加速させるSoziの取り組みを応援してまいります。