Feature Film

映画「宮松と山下」

Scroll Down

Credit

Title
映画「宮松と山下」
Date
2022.07
Staff
Executive PR :小佐野 保
PR :橋本 竜太(geek sight)
Copyright
©2022『宮松と山下』製作委員会
Other Links
Website
【ギークピクチュアズ製作、geek sight 制作作品】

監督・脚本を手がけた映画制作チーム「5月」は、テレビCMや『だんご3兄弟』などを世に送り出してきたクリエーティブディレクター佐藤雅彦、NHKでドラマ演出を行ってきた関友太郎、多岐にわたりメディアデザインを手掛ける平瀬謙太朗の3人からなるユニット。その5月が満を持して発表する初長編映画作品が『宮松と山下』です。主演は、日本が誇る名優 香川照之さん。常に圧倒的な存在感を見せてきた香川さんが本作で挑んだのは、なぜかエキストラ役者として生きる男・宮松。ある日は主役に斬られて画面の端に消え、ある日はチンピラとして凶弾に倒れ...そんな殺されてばかりの端役を一生懸命に取り組む目立たない男の生活を描き出します。香川さんを支える共演者たちも実力派が揃いました。津田寛治さん、尾美としのりさん、中越典子さんらが、口数の少ない宮松の謎に包まれた現在と過去を展開していきます。本作は、11/18(金)より新宿武蔵野館、渋谷シネクイント、シネスイッチ銀座ほか全国順次ロードショーいたします。
また、9月に開催されるスペイン最大の国際映画祭 サンセバスチャン国際映画祭の本年度New Directors 部門に正式招待されることも決定いたしました。日本での公開に先駆け、世界の大舞台でワールドプレミア上映が行われます。

<ストーリー>
宮松は端役専門のエキストラ役者。ある日は時代劇で弓矢に打たれ、ある日は大勢のヤクザのひとりとして路上で撃たれ、またある日はヒットマンの凶弾に倒れ......来る日も来る日も殺され続けている。真面目に殺され続ける宮松の生活は、派手さはないけれども慎ましく静かな日々。そんな宮松だが、実は彼には過去の記憶がなかった。なにが好きだったのか、どこで何をしていたのか、自分が何者だったのか。なにも思い出せない中、彼は毎日数ページだけ渡される「主人公ではない人生」を演じ続けるのだった......。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
主演:香川照之、津田寛治、尾美としのり、中越典子
監督・脚本:5月(佐藤雅彦/関友太郎/平瀬謙太朗)
制作:ギークサイト
配給:ビターズ・エンド
ーーーーーーーーーーーーーーーー

Other Works

Back to Index